高橋和也

Discography

img_discography_12116200

LOVE from the MOUNTAIN

The Driving Cowboys

1988年8月24日、男闘呼組のメンバーとしてデビューしてから31年の月日が流れた・・・ その間音楽はいつも僕から離れることはなかった。様々なバンドを経て辿り着いた country music. ハンク・ウィリアムスのレコードを聴いた時に運命を感じ、ひたすらに追い求めて来た。 ようやく一つの答えに辿り着けたと思う。大月の大自然の中、一切のエレキ楽器を入れずに純粋にアコースティック楽器だけで奏でるcountry music. このアルバムに収められた13曲は三日間で録音された。 全曲一発録り、頭から最後まで録音した順番通りに並んでいる。いわばドキュメンタリーアルバムである。


img_discography_12116200

The Driving Cowboys

2011年3月あの東日本大震災の直後に俳優の高橋和也が地元日野のライブハウス「バンボラ」でハンク ウィリアムスのナンバーだけを歌うライブ活動を開始した。当初メンバーは流動的で様々なミュージシャンの助けを借りた活動であった。高橋が本格的に自身のバンドの結成を意識したのはフィドラーのTATER安田と出会ってからである。弱冠26歳にしてカントリーフィーリング溢れるフィドルプレイを聴かせるTATERは12歳の時にアメリカに渡りハンクが生前親しかったビル モンローのバンド、ブルーグラスボーイズに在籍していたフィドラー、TATER TATEに師事しフィドルを学んだ。ベーシストの樋渡尚崇は高橋の従兄弟であり2人の叔父にあたる故永井啓一氏は中村八大モダンカルテットのベーシストであった。この三人にギタリスト、女性ボーカルを加えた5人編成で高橋HANK和也&The Driving Cowboysとしてスタートしたがファーストアルバムの製作にあたり高橋が純粋なアコースティックサウンドを目指したいとして一切のエレキ楽器を排除した3人編成の「The Driving Cowboys」が誕生した。バンド名の由来はハンクのバンドThe Drifting Cowboysに敬意を表し付けられている。

DISC1
1ALABAMA WALTZThe Driving Cowboys03:05
2CRAZY HEARTThe Driving Cowboys03:03
3A MANSION ON THE HILLThe Driving Cowboys03:11
4MY SWEET LOVE AIN'T AROUNDThe Driving Cowboys02:57
5WHY DON'T YOU LOVE METhe Driving Cowboys02:34
6I TOLD A LIE TO MY HEARTThe Driving Cowboys03:34
7I'M SATISFIED WITH YOUThe Driving Cowboys03:06
8LONG GONE LONESOME BLUESThe Driving Cowboys02:38
9ORANGE BLOSSOM SPECIALThe Driving Cowboys02:42
10BOYThe Driving Cowboys04:33
11It's So ColdThe Driving Cowboys05:15
12WEARY BLUES FROM WAITIN'The Driving Cowboys02:48
13Whiskey and sing a songThe Driving Cowboys04:26
img_discography_12110300

ナーバス・サーカス危機一髪

NERVOUS CIRCUS

2005年12月31日に発表されたナーバスサーカスの2作目にしてラストアルバムとなった作品。 レコーディングは高橋の父の店である新宿マローネで行われた。 と言ってもライブでは無く店の休業日に録音機材を持ち込みセッションを行った。 曲は西村ヒロと高橋がそれぞれ作ったものをバンドとセッションしながら完成させていった。 実験性に富んだ作品であり、ナーバスサーカスの音楽性の豊かさを感じさせる作品である。 この作品で高橋はギターだけでなく、サンポーニャ(葦で作られた南米の笛)やトランペットの演奏も披露している。 前作「Nervous Circus /Kazuya Takahashi with Nervous Circus」がライブアルバムであったことからこのアルバムはナーバスサーカスのスタジオアルバムと言える。 レコーディングとミックスを担当したのはナーバスサーカスのメンバーでベースの近藤洋史氏である。 この時の経験が後に高橋が「Love from the Mountain」のレコーディングエンジニアとして近藤氏を起用するキッカケとなった。

DISC1
1ナーバス・サーカス危機一髪NERVOUS CIRCUS03:48
2彼女はどんな顔ですかNERVOUS CIRCUS03:11
3Feel So BlueNERVOUS CIRCUS07:47
4ConfusionNERVOUS CIRCUS06:18
5ふたりNERVOUS CIRCUS05:41
6郷愁NERVOUS CIRCUS04:22
7Get Back SallyNERVOUS CIRCUS04:23
8Shinjuku JammingNERVOUS CIRCUS15:02
img_discography_12110200

BRANDNEW ROAD TO THE ORIGIN 〜 和也の如く〜

Kazuya AND ROCK FOLK

93年に男闘呼組解散後、高橋和也が94年9月に発表した1stソロアルバム。 アメリカで書き溜めたオリジナル曲を男闘呼組のサポートメンバーであった田中厚(p)平山牧伸(dr)他、 石坂和弘(g)齋藤巌(b)等と共に結成したKAZUYA AND ROCK FOLKで演奏している曲(1,5,7曲目)と名ギタリスト岩田浩史氏と高橋の2人だけで録音した曲(2,3,4,6曲目)で構成されている。 ソロアーティストして歩みだした高橋の記念すべき1stアルバムであり、現在の高橋の原点とも言える重要な作品である。当時25歳であった高橋の若々しい声と気迫に満ちたパフォーマンスをベテランミュージシャン達がしっかりと支えている。現在CDは廃盤となっており今回の配信はファンには嬉しいリリースになった。

DISC1
1風だけが知っているKazuya AND ROCK FOLK07:39
2犬よ走れKazuya AND ROCK FOLK05:38
3キッチンで待ってるよKazuya AND ROCK FOLK04:17
4日曜日に泣かないでKazuya AND ROCK FOLK05:21
5うしろむきの私Kazuya AND ROCK FOLK06:57
6シェルまつり(INSTRUMENTAL)Kazuya AND ROCK FOLK03:27
7風だけが知っている(Twin Guitar Version)Kazuya AND ROCK FOLK07:43
img_discography_12108900

Nervous Circus

高橋和也 with Nervous Circus

2000年9月21日に日本クラウンよりリリースされた自身初のライブアルバム。Nervous Circusのメンバーは高橋和也(g,vo)西村ヒロ(ha)ナポレオン山岸(g)近藤洋史(b)石田一郎(d)の五人。ライブハウスで磨き上げた演奏と独自の個性を持つ大人のロックンロールバンドとして精力的に活動していた。このアルバムは吉祥寺MANDARA2で行われたNervous Circusのライブを録音したもので当初はインディーズで発表する予定だったが高橋がクラウンでのアルバム制作に難色を示し急遽この音源がアルバムとして発表される事になった。一か月前に発売されたシングル「君に会いたい」とは対極にある生々しく粗削りなサウンドは正に高橋の目指す音楽性を現していて現在に於いてもその輝きを失っていない。

DISC1
1君に会いたい アルバムテイク高橋和也03:05
2メスイヌドライヴ高橋和也03:07
3Alone Wolf アルバムテイク高橋和也04:42
4犬よ走れ高橋和也04:37
5ブラックマジックリムジン高橋和也04:34
6SweetOld Hearted Guitar高橋和也04:49
7傷だらけの天使高橋和也01:53
8兄貴のブギ高橋和也03:08
9ブラザー アンド シスター高橋和也05:16
10Coming Your Town高橋和也05:21
11ラストヒーロー アルバムテイク高橋和也07:51
12Rockin'Roll Tonight高橋和也04:48
img_discography_12108800

君に会いたい

高橋和也

2000年8月23日に日本クラウンよりリリースされたシングル「君に会いたい」はプロデューサーにEby氏を迎えてソリッドなハードロックに仕上がっている。レコーディングミュージシャンは大橋イサム(g)山田章典(b)谷口"PRI"英一(key)阿部剛(sax)Eby(dr)で高橋の自作曲「君に会いたい」とスタジオセッションで作られた「Alone Wolf」約1カ月後に発売されるライブアルバム「Nervous Circus」 から「ラストヒーロー」そして「君に会いたい」のインストの4曲で構成されている。ライブの一発録音を好む高橋に対しプロデューサーのEby氏はより高い完成度を求めスタジオで何度もセッションを重ね楽曲を仕上げていった。結果として他の作品には無いタイトで引き締まったサウンドになっている。

DISC1
1君に会いたい高橋和也03:10
2Alone Wolf高橋和也04:20
3ラストヒーロー高橋和也07:41
4君に会いたい(インストゥルメンタル)高橋和也03:09