Voidol2 FAQ

Voidol2のご購入ありがとうございます。
Voidol2に関してのご質問例をご用意いたしました。



Q:ライセンスコードが見つからない
A:販売店様によっては「ダウンロードコード」等として記載されている場合もあります。英文字+数字で構成されたコードになります。

Q:カスペルスキーのウイルス検知で「トロイの木馬「HEUR.Trojan.Win32_Startun.gen」を検出したと表示される
A:Windowsの純正のウイルス検知等では表示されません、カスペルスキーによる誤検知となります。
  お手数ですが、ユーザー様にて「詳細」=>「検知する脅威と除外リスト」にVoidolを追加してご利用ください。

Q: ボイスモデルをドラッグ&ドロップエリアに持っていっても落とせない。
A:ボイスモデルのzipファイルは、解凍しなくても中が見えます。Windowsの場合、フォルダーを長押し (または右クリック) して、デスクトップなどに[すべて展開]してから操作をおねがいします。

Q:ASIOドライバーでVoidol2を立ち上げると、Discordの音声が出なくなった。(Windows)
A:Windows Audioでは動作いたします。ASIOドライバーでは基本的には1つの入出力のみを認識するため、排他してしまう場合があります。  (例: SSL2+など)
また、RME製品では同時に鳴らせる場合もあります。オーディオインターフェイスの仕様になりますので、動作する方法でご利用いただけますようお願いいたします。

Q:YAMAHA Steinberg社製UR22CのASIOドライバーで使うと(Windows)音が途切れたりノイズが乗る
A:原因究明中ですが、現状対応できておりません。Windows Audioでは正常動作いたしますのでそちらでご利用ください。弊社内部では対応できないため検証は続けますが対応状況は未定です。

Q:「スクリーンサイズの問題で起動できません」と表示され、アプリを起動できない
A:スクリーンサイズがWXGA+(1440x900)以上の解像度にもかかわらず起動できない場合は、お手数ですが次の設定をお試しください。
 ①Windowsスタートメニューから、[設定]を選んで設定ウィンドウを開きます。
 ②[システム]-[ディスプレイ]を選択し、ディスプレイ設定画面を開きます。
 ③[拡大縮小とレイアウト]の「テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する」の選択項目を100%に設定します。

Q:AIモードで 声の高さや質感が思ったようにならない。
A:参照音声であるナレーターを自分と異なる性別の声質やピッチにした場合、うまく変換されません。
 「男性1」「男性2」「女性1」「女性2」などの中から自分の声質に合わせたものをテストしながら選択してください。声の高さについては設定画面のFinetuneで調整が可能です。
 また、シンセモードよりはノイズ感が多い印象になります。

Q:個人VtuberでのYoutubeの広告収入や投げ銭は商用になりますか?
A:弊社キャラクター及びシンセモードについては、個人VtuberでのYoutubeの広告収入や投げ銭での収入は商用以外とみなします。 また、創作原価を回収する範囲での、ボイス音声を用いた創作物の販売・配布が可能です。
 できたらVoidolのクレジットいただけると開発スタッフが喜びます。また、各社のキャラクター利用に関しては、https://crimsontech.jp/works/rcvoice/guideline/キャラクター使用に関するガイドラインをご覧ください。

Q:OBSへ音が通りません(Voidol音声をつないでも音が出ない)またはノイズがのる
A:全く音が出ない場合は、Voidolの再インストールをお試しください。ノイズが載る場合はPCのパワー不足の可能性が高くなります。
特にゲームやVtuberソフトなどを複数同時に立ち上げた際、ドライバー周りのリソースが圧迫されノイズが乗ることを確認しています。
CPUクロックが高く、メモリを多く積んだマシンでご利用ください。

Q:Windowsでライセンスコードを入れたら認証エラー(Errorcode:1211-51)が出て動かない。
A:ローカルコンピュータ上に保存されているサービス情報ファイルが破損しているか、ハードウェア構成の変更によりサービス情報が読み取れなくなっています。https://crimsontech.jp/about-us/contact/までご連絡ください。電話は対応しておりません。

Q:macOSで移行マネージャーを使って新しいマシンに移したらシリアルが通らなくなった。「ライセンス登録の重要なエラー」が表示される。
A:macOSの移行マネージャーに対応できておりません、現状非対応とさせていただきます。移行してしまった場合は、以下の手順をお試しください。
Vodiolを終了し、ターミナルで下記コマンドを打ちます『 open "/Users/Shared/.Cypher License Information/Services/C67E5561-C3EB-4C3F-A9B3-147BC6E84D61"』コマンドを打つと、Finderに C67E5561-C3EB-4C3F-A9B3-147BC6E84D61 フォルダが選択された状態で表示されるので、そのフォルダをゴミ箱に捨ててください。その後、Voidolを起動します。しばらくサーバーに問い合わせに行った後、エラーが発生すると思いますが、そのエラーは無視して、ライセンスキーを入力してください。

Q:AUやVSTのバージョンはありますか?
A:AI変換に関しは別売のVoidol Plugin packageが対応しています。 ボイスモデルに関してはVoidol:mobileを除き全て共通です。

Voidol(初代) Voidol Plugin Package Voidol2
AIエンジン
Synthエンジン
Space
AUX-In X
ノイズゲート
ボイスモデル 追加
Fine-Tune(AI)
ダッキング
サンプラー
InputEQ
OutputEQ
Recrding
Reset機能
ストリーミング出力
仮想ドライバー ○(Windowsのみ)
◉AU/VST3のプラグインは、変換機能のみ
引き続きVoidol2のご愛用よろしくお願いいたします。

カテゴリー: INFO